90点以上エロ漫画

S家に嫁いだM嬢の日常 | 衣装デザインのセンスが高すぎる!

S家に嫁いだM嬢の日常

↓クリックして検索↓

>>ブックライブコミック<<

じょうのにちじょう』で検索♪

 

 

『S家に嫁いだM嬢の日常』

 

シナリオは単純でサルバトール家に嫁いだメリー嬢のとある一日を描いたもの。

 

流行りのデイリールーティンってやつですね。

 

しかしながら、このサルバトール家の家訓というか、習慣は思った以上のパワーがあり、

科学的根拠はないだろうが思わず信じてしまいそうなほどの説得力があります。

 

本作の見どころはそのサルバトール家の家訓通りにルーティンをするメリー嬢にあるのだが、それ以上に衣装デザインが本格的過ぎて衝撃が走る。

 

この衣装を見るために、定期的に本作を眺めるほどです。

 

紹介情報一覧

・本編を紹介のための画像!
・簡単にわかる!本編あらすじ
・本作の見どころ順は『衣装』『エロさ』『設定の面白さ』の3つ!

それではここから、本サイトの情報発信スタートです♪

漫画名 S家に嫁いだM嬢の日常
作者 ヨールキ・パールキ
配信話数 7話配信中(2018年12月20日で完了)
価格 1話88円

S家に嫁いだM嬢の日常 ネタバレあらすじ

 

S家・・・。サルバトール家には優秀な子を成すために特別な習慣があった。

 

優秀な子は何も血筋で決まるわけではない。

 

「充分に快楽を得られる身体で身籠った子は優秀に育つ」と信じられていたのだ。

 

 

メリー嬢はサルバトール家が求める条件に合致していることを期待されてサルバトール家に嫁いできた。

 

これはメリー嬢のとあるデイリールーティンを紹介する物語である。

 

その朝は、膣に入れられた古い精子を掻き出すことから始まる・・・。

 

S家に嫁いだM嬢の日常 感想 巧緻すぎる衣装デザインがヤバい

 

ヨールキ・パールキの作品の中で最もエロいのだが、それ以上に紹介したいのが衣装デザインです。

 

凝りすぎじゃないのか?というくらいのこだわり抜いたデザインに巧緻な刺繍。

 

特に冒頭のシスターの下乳ボロンのドレス襷掛けというのがセンスの塊すぎてヤバい。

 

この服だけでも別の作品に輸入してほしいと思うくらいに煽情的で魅力的。

 

 

このレベルの衣装がたくさん出てくるので、

 

エロ漫画の実用度を紹介するよりも、芸術面ですごいレベルっていうのを紹介せざるを得ない。

 

 

また乗馬ファッションやサルバトール当主とのプレイ時の決戦衣装もなかなかのもの。

 

どの衣装も巧緻な書き込みがしてあって思わず手を止めて見入ってしまう。

 

 

それくらいにすごい作品なのだが、あえてマイナス部分を考えるとしたら、

 

 

ルーティンの紹介でしかないので、結末が欲しかったというところでしょうか。

 

 

3年後あるいは5年後みたいに、子どもを産んでは孕むを繰り返しているような生活を見せてほしかったかなー。

 

ヨールキ・パールキの中でも指折りのエロ漫画。

しかしその一方で、衣装デザインがずば抜けて優れている。