80点以上エロ漫画

束縛愛 放課後、教室で、無防備な優等生を、無理やり ネタバレ感想 | 一見の価値ありの魅力がある

束縛愛_サムネ

束縛愛 放課後、教室で、無防備な優等生を、無理やり

↓クリックして検索↓



 >>ブックライブコミック<<

束縛愛』で検索♪

 

一見の価値ありのダークエロ漫画ともいうような独特のエロ漫画『束縛愛 放課後、教室で、無防備な優等生を、無理やり 』

 

シナリオを簡単に言うと、

 

品行方正で優秀な女生徒が、赴任してきた担任教師に、優しさと甘えと媚びをごっちゃにしたような態度を取ったせいで担任教師の何かがプッツンと切れてしまうというもの。

 

しかし、言葉よりも本作を読んでほしい。

 

言葉では説明しきれないようなしこりの様なものが描かれており、そのしこりが本作にものすごい深みを与えている。

 

最初こそタイトルに工夫が無さ過ぎると思って斜に構えていたが、そんなものどうでもいいくらいに夢中になってしまった。

 

それでは紹介していきましょう!

 

紹介情報一覧

・本編を紹介のための画像!
・簡単にわかる!本編あらすじ

束縛愛 放課後、教室で、無防備な優等生を、無理やり !! 簡単ネタバレ

 

まずは画像をどうぞ♪どれもクリックしたら読めるようになってます!







以上画像ネタバレでした~ここからはあらすじネタバレです!

 

中流・上流家庭の子息子女が集まる学校の教師としてやってきた中瀬古明彦。

 

彼は落ち着いていて柔和な雰囲気を持つ男だが面倒くさがりで人嫌いする性格だ。

 

ある日、中瀬古は吉垣文乃という女生徒の前でうっかり隙を見せてしまう。

 

 

 

それは別に大したことのないものだったが、中瀬古は彼女の成績優秀さ、品行方正さ、そして理事長の娘という立場から『わかりやすい点数稼ぎをする女生徒』と捉え、苦手なタイプだと判断する。

 

 

生徒とはかかわってもロクなことにならない。

 

 

中瀬古は一定の距離感を保って教師という仕事をするのだが、

吉垣はなぜか自分の周りをうろつくようになる。

 

 

そして思った以上に自分に踏み込んでくる吉垣に中瀬古は自分でもわからなくなるほどの苛立ちを感じるようなる・・・。

 

 

中瀬古は吉垣の処女を散らすどころか汚すほどにするのだが、

 

 

この日以降なぜか吉垣は自ら体を捧げるようになる・・・。

 

束縛愛 放課後、教室で、無防備な優等生を、無理やり 感想 主人公とヒロインの行く末が気になるいいエロ漫画



始まりのボーイミーツガールからすでに面白い。

 

物語はキャラ設定、出会いのエピソードなど、計算されたうえで描かれるものなのだが、

本作は完璧だ。

 

下手な漫画だと、取ってつけたようなシチュエーションにわざとらしささえ感じる出会いが演出されるのだが、本作はちがう。

 

心に歪さを抱えながらも生きる二人が、出会うべくして出会い、行動を起こしたというものを自然に描いている。

 

この時点で僕からすればどストライクだ。

 

主人公が胸に抱いた苛立ちによって起こした突飛で過激な行動も、本来なら理解不能なのだが、彼の心情に自然と感情移入をしてしまう。

 

この過激な行動とはつまり、Fight!というわけなのだが、実用度はかなりのもの・・・。

記事を書く前に一発バーニングしておこうかと思ったほどだ。

 

 

ヒロインの表情には驚きと共に、快楽を、さらに心の歪みと秘めた願望があるであろうことを表しており、表現力も見事だ。

 

本作の続編が出ることを祈る。

 

一体この二人がどこに向かうのか、その行く末を知りたいと思う。