80点以上エロ漫画

子産み島 週7で産めるメスたち | 青水庵の最高傑作

子産み島

↓クリックして検索↓

>>ブックライブコミック<<

こうみじま』で検索♪

 

ご紹介するのは青水庵の作品『子産み島』

 

離島好きの主人公が夏の間訪れる人口140人の小さな島で子づくりを依頼され、バンバン子づくりをするというシナリオ。

 

ジャンル的には本番、中だし、いちゃらぶ、子づくりエッチってところですね。

 

見どころは女性陣のキャラデザイン。

 

見た目のいやらしさも含め性格がなかなか男心をくすぐってくれるので思わず頬が緩む。

 

また、冒頭のあの何とも言えない虚しさも忘れてはならないお笑いシーン。

 

多分、現実をディスってますよね(笑)

 

さて、では本記事でこの作品の魅力を紹介しよう!

 

紹介情報一覧

・本編を紹介のための画像!
・簡単にわかる!本編あらすじ
・作者について『期待大』だからおすすめ!

 

子産み島 週7で産めるメスたち 速攻ネタバレ

 

離島めぐりの果てに見つけた安らぎの離島牛比島。

 

主人公は毎年夏はここでバカンスをしていた。

 

 

その目的はこの島に住む女性だ。

 

島育ちの女たちは本州の女に比べてレベルが違う。

 

見なびけいで容姿の良さが際立っており、エロい。

 

 

何度も訪ねていることで主人公は島の人たちとも顔見知りになった。

 

 

 

しかしこの夏から、村の長の頼みで、島で教鞭を奮うことになった。

 

さらにもう一つ。村の長から頼まれごとがある。

 

 

人口140人のこの島を救うため、島中の娘を孕ませてほしいとのことだ。

 

 

この件はもちろん、島中に伝わっている。

 

島に降り立った主人公は女性陣から熱烈な視線を浴び・・・

 

 

新生活に期待を膨らませていた。

 

 

子産み島 週7で産めるメスたち 感想

 

昔から・・・それこそ、『なんだこの個性的な絵は?』というくらい初期の作品からのファンですが、

 

 

ようやくこれほどの作品を出してきたかと思いました。

 

 

変な話ですが、実はこの水準になるのをずっと楽しみにしていました。

 

初期の作品を見たときに、『この作者は絶対上手く、エロい作品を出してくる』と信じて疑いませんでした。

 

 

初期の時点できらりと光るセンスがありましたからね。

 

 

口コミを見る限りやはり同じ印象を受けている人がおり、本作を『作者史上最高傑作』と呼んでいます。

 

 

僕自身同じ感想を抱いており、本作以降1作品出ていますが、クオリティは本作のほうが高いです。

 

 

キャラの個性特徴も上手く出ていますし、読者が女性に求めるスケベさもしっかりと表現しているが伝わってくる。

 

 

欲を言えば、使いまわしを減らしてもっとシチュエーションを増やしても良かったと思うけど、作業ボリュームを考えるとどうしてもこのくらいですね。

 

 

また本作については続編が出てもおかしくないので次は是非ハーレムを実現してほしい。

 

 

次回作も期待ですね!