70点以上

女友達と一線超えたら性処理生活始まりました ネタバレ感想 | もっと楽しく読了感良く作れたであろう作品

女友達と一線超えたら_サムネ

『女友達と一線超えたら性処理生活始まりました。』



 ♪クリックしたら読めるのでお気軽に♪

>>FANZA<<

今日ご紹介は古き良き幼馴染もの。

 

 

ただし幼馴染テンプレのしっとり甘ーい系ではなく、小悪魔悪友系のヒロイン。

 

開始冒頭から小悪魔スマイルが目立ち

 

 

「これは・・・良さそうじゃないか♥」

 

 

と主人公やヒロインのポジもなんとなく理解できるなかなかよい1ページの滑り出し。

 

始まりはつい一緒に買ったエロ本を見られしまったという男なら絶対にやらかしたくないエピソードで掴みもOKだ。

 

 

しかも表紙がどう見てもヒロインとうり二つのグラドル・・・。

 

濃密な1ページと言えるでしょう。

 

 

1ヒロイン制のエロCG漫画なものの、その分じっくりと楽しませてくれます。

 

それでは本作を紹介しよう!

 

紹介情報一覧

・簡単にわかる!本編あらすじ
・キャラ紹介!
・本作の見どころを紹介!
・忌憚ない僕の感想!

それではここから、本サイトの情報発信スタートです♪

 

漫画名 女友達と一線超えたら性処理生活始まりました。
作者 すいのせ
配信話数 画像14枚+α
価格 704円(20%Off)

女友達と一線超えたら性処理生活始まりました。 1分ネタバレ

 

まずは画像をどうぞ♪どれもクリックしたら読めるようになってます!





以上画像ネタバレでした~ここからはあらすじネタバレです!

 

運悪く、漫画本と一緒に買ったエロ本を幼馴染で悪友の日向つかさに見られてしまった主人公。

 

寄りによって買ったエロ本の表紙はつかさ似ており、さらに幼馴染系・・・。

 

 

バツが悪くて気まずいのだが、日向はなぜかブラチラを見せてくる。

 

ここまでだったらただの冗談。

 

ガン見すれば馬鹿にしてくるのがつかさ流だろう。

 

 

しかし何故かつかさはブラをまくって本体を見せつけてくるではないか。

 

 

思わず開眼。

 

 

積極的にこのチャンスをものにすべく主人公は行動を起こすのだ!

 

要点まとめ
  • 和姦・・・というより元から両想いなので読了感良し
  • 使いまわしは少なく、シチュエーション、体位は豊富
  • 食事シーンが笑えるほどよくできてる。


女友達と一線超えたら性処理生活始まりました。 登場人物紹介

 

本作品に登場する最高のキャラクターを紹介します。

 

主人公のリョースケ

 

しおらしい主人公だったはずだが、おっぱいを見てから開眼。

 

突然別人のようにぶっ飛んだ行動に出た本作の主人公。

 

エロ本を見る限りヒロインつかさのことが好きだったと思われるが、下半身由来の好意のほうが強かったらしい。

 

ヒロイン『日向つかさ』

 

短髪ピアス、バレーボール所属だがそれほど背は高くはないトランジスタグラマーな体系。

 

小悪魔的な性格をしているが、かなりM気が強く、性欲も強い。

 

 

元から主人公に好意を抱いているのだが、付き合いたいという願望よりも突き合いたいという欲望のほうが強かったらしく、順序みたいなものはきっと気にしないタイプ。

 

 

本当はもう一人いた?共通の友人

 

初エッチ後の学校で出てきた名無しのポニテ女子。

 

 

中々のおっぱいさんをお持ちなのだが名前がない。

 

たったワンシーンのCGだがおそらくヒロインになる人だったのではないだろうか・・・?

 

それを示すように、使われなかった部室で彼女の影と思われる人影が登場している。

 

ねじ込んでほしかったなぁこのヒロイン。

女友達と一線超えたら性処理生活始まりました。 見どころと感想 テンポが良くて中々楽しめる。



ゾクリとくる色気、体位と豊富なシチュエーションで、最後まで楽しめる。

 

お気に入りは初エッチシーンですが続くエッチシーンも順番を経てる感があって妙な生々しさがある。

 

言葉で整理すると自宅⇒学校⇒自宅となっていて、日常のルーティンを考えると恐ろしく萌える。

 

 

まるでこの生活がいつまでも続くのだと錯覚するようだ。

 

 

さて、そんな感じで個人的には満足感は高めなのだが、

『もう少し面白くできたはずだ!』という意見がある。

 

主人公と幼馴染の夫婦漫才はほしかった!

 

主人公の最初のキャラデザを見た際、ちょっと暗めで幼馴染に密かに恋い焦がれるむっつりスケベなんだなという印象を抱いていたのだが、いきなり積極的行動に出てちょっと驚いた。

 

エロ本くらいで何を恥ずかしがっていたのか今考えると理解できない・・・。

 

これほどノリが良い陽キャだったらヒロインとの会話ももっとテンポのいい夫婦漫才ができたように思う。

 

そう考えると妙に二人の会話は地味に感じて物足りなさを感じてしまう。

 

物足りなさついでに言うと、もう一人ヒロイン?らしき人が出てきてたんだけど、結局何のカラミもなく、意味深に出てきて終わるという結果になっていた。

 

あの子可愛かったから正直追加してほしかった・・・。

 

ヒロインとのエッチシーンは目を見張るが、もうちょっと登場人物増やしても良かったように思う!

 

性処理生活というのはちょっと寂し過ぎやしないか?

 

性処理さえできればいい。というのが主人公の頭の中っぽのでこれだと寂しさを感じる。

 

ヒロインは小悪魔的でセックスファイターとはいえ、根はとてもいい子。

 

 

「サカり合う性処理生活の関係は続けている・・・」

 

なんて肉欲エンドじゃなく、恋愛に発展する可能性を入れてほしかった。